施設紹介

障害者支援施設 慈生園


(社会福祉法人 更生会)4612200099

慈生園”利用者の生活を大切に”という理念のもとに明るくゆとりある生活環境づくりに努めています”グループホームのバックアップ施設”として入居者の支援並びに地域福祉の拠点として、地域活動へ参加しています。また、地域の方々へ障害者の理解を深めて頂く為に、施設設備の開放を積極的に行っております
施設長

吉崎 貢

地域区分

南ブロック(南薩)

住所
南九州市頴娃町別府4710-6
電話番号 : 0993-38-2522 FAX番号 : 0993-38-2523
障害区分
  • 知的障害者
事業体系
  • 生活介護
  • 就労継続支援B型事業
  • 施設入所
代表的な授産事業
慈生園みそ

食品加工、ブロック製造、ハウス園芸、企業実習町委託管理などの授産活動があります。
食品加工では、味噌・ふくれ菓子・各種ジャム・キムチ・餅・団子・惣菜等を製造しておりハウス園芸では、完熟マンゴー・イチゴ・トマト苗物等の栽培を、その他にもさつま芋や各種野菜・ブルーベリー・サトウキビの栽培も行っており、色々な授産活動の場をご提供できます。


 

さくさくシュー

慈生園のメロンパンみたいなさくさくした食感が大人気のクッキーシュークリームは、どのイベントでも早く売り切れてしまうため、まとめ買いされるリピーターのお客様も少なくありません。イエローショップで見かけたらぜひ一度お試しください。


 

味噌(麦・米麦合わせ)

食品加工では、年間で約20トンの麦・合わせ・豚味噌の三種類を製造加工しています。原材料は国産を使用し、無添加で安心して購入して頂けるように努めています。

キムチ・ふくれ
キムチ.jpg

・懐かしい味のふくれ菓子
・本場の味をアレンジした特選 彦キムチ
味噌の他にも、ふくれ・各種ジャム・キムチ・餅・団子・惣菜等を食品加工しております。


ブロック製造

ブロック製造は、各種のブロックを年間に約8万本を製造。良品質をモットーに、地元の業者や一般のお客様への販売をしております。

ハウス園芸(いちご・マンゴー)
いちご.jpg

ハウス園芸は、約4haの農地で地域特産のさつま芋や各種野菜・ブルーベリー・サトウキビを露地栽培。約1haのビニールハウスで、トマト・イチゴ・マンゴー・苗物等を温室栽培。収穫した農産物は地区のふれあい販売所や、えい別府温泉センター、市場等に出荷しております。


町委託管理

頴娃町運動公園内の芝・樹木管理・敷地清掃管理、えい別府温泉センター内の浴室清掃を毎日行っております。頴娃町のチリ収集は、グループホーム入居者の2名が携わっております。

ホームページ