社会就労センター協議会について

障害者優先調達推進法(平成25年4月より施行)


社会就労センター協議会の活動内容

「障害者優先調達推進法」の共同受注窓口として、「一般社団法人かごしま障がい者共同受注センター」が設立されました。
一般社団法人かごしま障がい者共同受注センター

ホームページ
:http://k.kyodo.jp/


↓「障害者優先調達推進法」の詳しい資料は、下記よりダウンロードできます
「優先調達推進法パンフレット」.pdf

 

販路・受注拡大

作業所・授産施設と共同で企業や団体・行政機関等への営業活動を行い、自主製品の販路拡大や受注業務拡大につなげていきます。

事業開拓・商品開発・仲間づくり

障害者の「働く場」づくり、「仲間づくり」、市場性の高い魅力ある商品づくり、あるいは常に新たな商品開発を求め、ユーザーの商品感覚を大切に事業開発に取り組みます。

施設従事者に対する研修

施設等の収益力向上や商品をめざし、積極的に施設従事者も企業や団体等との交流の機会を作っていきます。

ネットワーク化と情報提供

施設間はもちろん、協力機関・企業や地域とのネットワーク構築を図るとともに、ホームページや Eメールを導入し、情報の提供・共有を図っていきます。

その他相談業務

作業所・授産施設の経営や製品に関すること、企業や団体・行政機関などからの業務のご依頼などご相談を承ります。

鹿児島社会就労センター協議会規約