お知らせ・イベント

施設紹介 障害者支援センターうめの里


今回は、社会福祉法人 日置福祉会 障害者支援センターうめの里(就労継続支援B型・就労移行支援)を紹介致します。場所は、日置市日吉町、小高い場所に位置し施設の周りは畑に囲まれています。農作業と軽作業を主な授産活動として取り組まれています。甘藷・お米の収穫が終わり農作業はひと段落。軽作業は、お歳暮商品にむけ忙しい中、作業場を案内して頂きました。


ブログ画像1.jpg



最初の軽作業場では、食品をセットし袋詰め→真空パック→シール貼りの流れ作業をされていました。皆さん黙々と作業されている中、お邪魔しましたが挨拶して頂き嬉しく思いました。
 次の作業場では、箱の組立作業を中心にネギの選別・箱詰・キーホルダーのチェーンつけと様々な軽作業が行われていました。箱の組立作業は、箱折りだけのものもあれば、組立→箱詰(商品入れ)の流れ作業、1人で組立から商品入れするものもあり、利用者さん個々の特徴を活かした作業配置が設けられていました。箱の組み立てで、線上に糊をつけて貼りつける作業があったのですが、確実に線上に糊を塗る作業の素早さに驚きました。
ねぎの選別は、1本1本手作業でスリップスなどないか見分け、ねぎのサイズ分けがわかりやすいように作業机にテープ(M用・L用)が貼られていて作業しやすいように工夫されていました。重さを計り、綺麗に束ねるまでの1人作業です。余談ですが指導員の方が、この作業を10年続けられているベテランお2人に注意を受ける事もあると笑いながら教えて下さいました。



ブログ画像4.jpgブログ画像2.jpg


別室のおしぼり作業は、ブラッシング後1度洗い2度洗いに分けていかれるのですが、5月から始められた作業とは思えない手際の良さに驚きました。事前に企業に実習に行き、実習に行かれた利用者の方が他の利用者さんへ教えたそうです。指導員の方も「ここまで上達するとは」と褒められていました。
また別の作業場では、竹ほうき作りに取り組まれていました。この作業は、指導員の方でも難しい作業になるそうです。竹枝もまちまちなので、形を整え縛る作業が大変そうでした。 隣接地のモデルハウスの様な建物が気になり、お伺いしますと11月1日より新たに「生活介護事業所 なないろ」(生活介護・日中一時支援事業)を新設されたそうです。



ブログ画像3.jpg