施設紹介

共生工房 猿蟹川


(社会福祉法人 百合砂)

猿蟹川

共生工房猿蟹川は、全ての人が共に支え合いながら生きる「共生」を理念に掲げ、身体障害者通所授産施設としてスタートしました。
真心込めて仕上げるクリーニングを中心に、豊かな自然あふれる種子島の魅力を活かす製品作りを目指しながら「就労」を通じて障害者の自立を支援しています。


施設長

新郷 正男

地域区分

南ブロック(熊毛地区)

住所
熊毛郡中種子町納官4093-7
電話番号 : 0997-24-8121 FAX番号 : 0997-24-8122
障害区分
  • 身体障害者
事業体系
  • 就労継続支援B型事業
代表的な授産事業

【クリーニング作業】
島内の病院や福祉施設の寝具などのクリーニングをします。

【黒砂糖製造作業】
種子島産の新鮮なサトウキビを使い黒砂糖を作ります。

【塩製造作業】
種子島海峡で採れた海水から自然の風と天日を利用して塩を作ります。

黒砂糖
猿蟹川黒糖

種子島が育んだ新鮮なサトウキビを使用し、収穫後サトウキビを一本ずつ手作業で洗い、圧搾後の搾り汁に不純物が混ざらないようにしています。通常 は、黒砂糖を固まらせる為に「石灰」を使用しますが、「猿蟹川の黒砂糖」には石灰を使用しておらず、完全無添加ですので、純粋なサトウキビの味を味わうこ とができます。


こっぱたらし(黒糖飴)
猿蟹川こっぱたらし

黒砂糖が出来る前の段階で取り上げると黒糖飴になります。完全無添加で黒砂糖とは食感が異なり、蜂蜜のように滑らかです。 召し上がり方は、そのま ま食べても美味しいですが、トーストに塗ったりヨーグルトに混ぜて食べるのもおすすめです。こちらの商品は、必ず冷凍保存して下さい。 ※冷蔵保存では、形状がザラメのようになります。


黒糖
猿蟹川黒糖袋

きびの純粋な甘さが広がる黒砂糖


猿蟹川塩

種子島と屋久島に挟まれた種子島海峡の海水を、太陽と風の自然エネルギーを利用して製塩しました。やぐらに竹枝をかけた枝条架に流して循環させ、風力と太陽熱で濃縮し、海水を天日によって結晶化させる手作りの製法です。


製塩

自然の恵みがいっぱいの塩

クリーニング作業

島内の病院や福祉施設の寝具等のクリーニングをしています。

ホームページ